今年最後のビッグセール!Amazonサイバーマンデーをチェック(12/9まで)

粉瘤(アテローム)ができる原因とは?予防法・対策はある?

スポンサーリンク

皮膚の下にできる大きめのかたまり。なんかニキビとは違うっぽいし、たまに腫れて痛いし膿が出ると臭い。なぜこんな厄介なものができてしまうのか。原因が分かっていれば予防もできるんじゃないかと思い色々調べてみました。

粉瘤ができる原因

いくつかあるようです。順番に見ていきたいと思います。

怪我

皮膚を切ったりなど、怪我によってできた傷が原因で粉瘤ができることがあるようです。これは、皮膚の一部が外傷を負った際の拍子に皮膚の下に潜り込んでしまうことで起こります。

別段、怪我をした部分を不潔にしていたからとか、そういう部分は関係がありません。こういった原因でできた粉瘤のことを、「外傷性粉瘤」などと呼びます。

色々なものに触れる機会が多く、怪我をしやすい体の部位である手のひら、足の裏などにできることがよくあるそう。このような部位にできものがある方は、最近何かで怪我をしなかったかを思い出してみてください。

こんなところにも!?粉瘤ができてしまう意外な身体の場所
皮膚のどこにでもできる可能性があると言われている粉瘤。僕自身粉瘤ができやすい体質らしく、耳たぶ、首、背中、お尻など色んな箇所で経験しています。が、皮膚科などの病院の過去の記録だったり、各所の情報を見てみるとえ?こんなところに?と思う...

ウイルス

粉瘤ができる原因として、ウイルスが関わっていることが分かってきています。粉瘤全てに当てはまるのではなく、あくまで一部のようです。

粉瘤に関連するウイルスの名前は「ヒトパピローマウイルス」と言います。粉瘤以外の皮膚の病気にも関わっており、人間にとって厄介なウイルスです。このウイルスについては下記でより深く掘り下げています。

人類の敵!ヒトパピローマウイルスが関わっている病気一覧がこちら
ウイルスという、病気の原因になる厄介な構造体。その中でも、人の身近にあって、あらゆる病気に関わっている怖いウイルスがあります。 その名も「ヒトパピローマウイルス」。このウイルスが悪さをすることで発生する病気を見ていきます。 ...

このウイルスに感染することによって粉瘤ができる人もいるようですが、前述の通り一部の話なので、粉瘤になったからといってウイルスの感染をすぐに疑うという必要はありません。

刺激

同じ場所への刺激によって細胞が変化して粉瘤になる、という説もあります。粉瘤が出来やすい人で、心当たりを感じた方は生活する上でその部分への刺激を控えるように気にかけてみると良いかも知れません。

体質

これを言われると身も蓋もありませんが、先天性の体質として粉瘤ができやすい人がいるみたいです。何か所も粉瘤を経験してきた僕は、どうやらこれかな…と思ってしまいます。

特に、同じような箇所に何個もできるという人は体質による可能性が高いそうです。

スポンサーリンク

予防法

では、粉瘤にならないために何かできることはあるのか。予防が期待できるものなのでしょうか。

ニキビと同じではない

できる場所やその特徴、見た目などからニキビと同じような対策をしてしまう人がいます。栄養バランスを意識した食生活、適度な睡眠時間など、「お肌にいい」と言われることに気を使う方法。

確かに健康的でそれ自体はよいのですが、こういった方法は粉瘤に対しては関係ないみたいです。パーフェクトに健康な生活をしていても、粉瘤ができるときはできるという…。こういった生活に気を配ること自体、体に良いのは間違いないのでそれが悪いということはありません。ただ、粉瘤の予防には関係が無いようです。

ニキビ?痔?粉瘤? お尻にできた腫れものの見分け方と対処法
お尻にできものが出来たら要注意かも知れません。ニキビだと思って放置していると実は別種の腫れもので、酷いことになってしまう場合も。というか僕はなりました。その経験から、腫れものが出来た場所、腫れ方などでできものの種類を特定する方法を書...
スポンサーリンク

具体的な方法はない?

どうやら現代の医学では、粉瘤に対して「これ」という的確な予防法が存在しないようです。予防になる薬なども具体的にはなく、事前に粉瘤ができるのを防ぐことはできないと言われています。

できたあとなら

粉瘤ができてしまった後なら、それを手術して取り除く方法があります。炎症を起こした粉瘤に対して抗生物質を処方する方法もありますが、粉瘤の多くは細菌が原因で炎症が起きているわけではないという説もあるので、まずは専門の医師に要相談です。

ニキビじゃない!粉瘤に抗生物質やニキビ治療薬は使っていいのか?適切な使用方法
ニキビ・吹き出物ができた…ほっとけば治るだろうと思っていたらいつまでも治らないし、腫れるし膿が出る、何度も再発する、しこりのようなものが残る…。それ、もしかしたら「粉瘤」かも知れません。ニキビなどのできもので処方されることもある薬の...
粉瘤で病院に行くと何をされるの?手術は痛いの?経験談
以前たこの吸い出しを使って自力で粉瘤の膿を出した話をしましたが、元々粉瘤が出来やすい体質らしい僕。それとは別に背中にできた粉瘤を病院で摘出してもらったこともあります。 粉瘤で病院に受診すると何をされるのか、いきなり手術か、痛い...

その他には、民間療法の粗治療なので決しておススメするわけではないし自己責任ですが、僕のようにたこの吸い出しで膿を出しちゃうやり方もあります。

お尻にできたでっかい粉瘤を潰さずに自力で治した体験談
ニキビの親玉みたいな扱いされてるけど、実はけっこう別物で侮ると怖い粉瘤。病院に行かずに自分で治した体験談です。 自己対処を推奨する記事ではない 一応初めにおことわりしておきますが、この記事は決して粉瘤の自己対処を推奨するものでは...

まとめ

何度も粉瘤を味わうと、痛みよりも膿が出たり腫れたりする煩わしさのほうに参ってきて、何か予防出来る方法は無いかと思い調べてみました。結果、期待するようなものはありませんでしたが…。医学がもっと進歩して、いつか粉瘤を撲滅できる未来がくることを祈っています。

同時に読まれています

粉瘤を放置すると「がん」に!?悪性化の可能性と原因を探る
粉瘤(アテローム)自体は良性の疾患ですが、そこから悪性化することはあるのか?粉瘤がいくつも体にある僕にとって非常に気になる点です。その可能性について探ってみます。 癌化の可能性 粉瘤が悪性化することは、ほとんどありません。「ほと...
粉瘤が腫れたら! 膿や血液で衣服などが汚れないように対策
初めて腫れたときはけっこう焦る粉瘤(アテローム)ですが、僕のように何度も経験していると落ち着いたものです。ただこれの嫌なところは、腫れたところがいつ破れるか分からないことなんです。仕事や学校で破れると膿血が出て服が汚れるし、膿が臭いので...
あの人も仲間!?粉瘤になったことのある芸能人・有名人とは
肌を清潔にしているかどうかなどはあまり関係なく、誰にでもできる可能性がある粉瘤。実は皆さんがご存知のあの有名人や芸能人も経験しているようです。手術で治した方から、自力でなんとかした方までいろんな方のお話をご紹介します。 さくらもも...

コメント