痔ろうかな?と思って病院に行ったけど…。

スポンサーリンク

汚い話ですみません。夏ごろお尻に痛みが出まして、どうもネットなどの情報と照らし合わせると痔ろうっぽい…。この若さでと思いましたが、念のため病院に行ったり、色々やってみたエピソードです。

事の発端

夏の暑い日の深夜、冷たいものを食べすぎたり夏休みで不規則な生活になっていたこともあり、おなかを下しました。ほんとに重ね重ね汚くて申し訳ないですが下痢をした後ってお尻がしばらくヒリヒリするじゃないですか。その時もそんな感覚がありつつも、お風呂に入ったらヒリヒリ感も消えておなかの調子もすっかり元通り。…だったんですが、それから数日後、お尻にピリッとした痛みが走ります。何度もそんな風になるので、痛みのする部分を触ってみるとほんの小さなプクッとした腫れが…。もしや痔か?と思い症状を調べることに。

スポンサーリンク

痔ろうとは

そのお尻の腫れは少しずつだけど日々大きくなっていき、痛みも増していく。ほんのり熱も持っているようです。お尻のニキビのようなものであってくれと思いつつもネットで調べると、どうもこの症状は「肛門周囲膿瘍」というものと酷似しています。

肛門周囲膿瘍

肛門の周辺に腫れが出来るという点では、ニキビやその他できものと似ています。それらとの違いの判断基準は、肛門からの位置。僕の場合もニキビにしては肛門から近すぎるので、可能性が高まります。もしそうなら、どうもこの「できもの」の中には膿がたまっているらしい。そして、この肛門周囲膿瘍を放っておくとやがて限界まで腫れた後に皮膚が破れ膿が出てくる。そしてその破れた後の穴が肛門と繋がり痔ろうの完成…。文章だけで見るとけっこうホラーです。しかしこんな情報を得つつも、中々踏ん切りがつかず時間もとれず結局痛みに耐えながらしばらく放置していました。

【肛門周囲膿瘍】もしやこれって痔ろう?普通の痔との見分け方
なんかお尻に違和感がある。痛い。多分痔だろうな…と思って放置しているあなた。症状が軽度なら痔は割と放置してしまいがちですが、もしもそれが痔のラスボスとも言われる「痔ろう」なら、ちょっと大変かも知れません。 早めに対処できるよう...
スポンサーリンク

崩壊

ひどくなっていく腫れ。何かのきっかけでお尻にピリッと痛みが出る不快な生活を送りながら、ある日、排便時に息んだと同時に膿が破れました。けっこうな痛みにびっくりしながらも、その鋭い痛みは一瞬で、あとは拭くときトイレットペーパーに血が付きました。膿っぽい色のものは付かず、完全に鮮血だったので、アレ?本当に肛門周囲膿瘍だったのか?という疑問が。

何事もなかったように

膿崩壊後、入浴時にその部分を洗うとちょっとピリッとしましたが、それ以降特に痛みもなくまるで何事もなかったように。この腫れが破れた後、穴が開いてそれが痔ろうになるということだったので、これから俺は痔ろうになるのか…と怯えつつ数日を送りましたが、特に何か症状あったり、膿が出たりするようなこともありません。のど元を過ぎればということで、何もないまま時が経つにつれすっかり安心して生活していました。

再来

それから半年程度が経った頃、また同じ場所にちょんとできものが。そしてあの鋭い痛みも戻ってきました。マジかよ…。治ったと思っていたのは気のせいだったのか。肛門周囲膿瘍はよく再発するという情報もあったので、その通りの症状です。きっかけはやはりおなかを壊したこと。どうやらひどい下痢をした後にこの腫れができるのかも知れない。そしてここから、だんだん腫れが大きくなって排便時に崩壊する、という同じ流れをもう一度経験しました。

平和な日々

2度目の崩壊後、とにかくおなかを壊して下痢になるのだけは避けようと生活リズムや食生活などを見直しました。そのおかげかそこから1年くらいは再発もなく過ごしていました。でもやっぱりどこかで気にはなっています。このままだとどこか気持ちが悪いので、時間が取れたときに病院へ行ってみました。

病院へ

肛門科への受診は初めてだったのでちょっと緊張しましたが、重い腰を上げてついに病院へ行きました。と言っても前述の通りお尻が腫れていたのは1年近く前なので、今は何ともない状態です。それでも前にそういった症状があったことを先生に伝え、肛門周囲膿瘍では、痔ろうではないかということを聞いてみました。結果は…。「何ともない」という答えが。一応患部も見てもらいましたが、肛門周囲膿瘍になったような跡もないし、穴が開いているわけでもない。あっさり診察は終わり、ずいぶん拍子抜けした受診でした。でもこうなると、一体僕のできものは何だったんだろう?という疑問が残ります。実際に腫れて破れて、膿は出ないにも出血はあったのに。

それから

病院で大丈夫と太鼓判を押してもらったので、しばらくは安心して過ごしていました。が、なんとまたも酷い下痢をしてしまい、その後再びできものが出来ました。またかー。と思いました。三回目もこれまでと全く同じ、腫れが大きくなって破れて血が出るという流れ。やっぱりそうなんじゃないの?と思いながらも、一回病院で「違う」と言われた以上2回目は余計に行きづらくなってしまいました。

今日までの日々

それから、腫れては破れ血が出る…という症状を何度か繰り返しながら今日に至っています。相変わらず耐えられない程の大きな痛みや、膿が出たりなどの決定的な症状はありません。結局自分は肛門周囲膿瘍なのか、その先の痔ろうになってしまったのか、それは分からないままです。一応病院で違うと言われた経験はあるのですが…。痔ろうの方の闘病記などを拝見すると、結構大変そうなので自分もいつかはという恐怖はあります。が、今は腫れても痛みも酷くないし、生活に支障が出るほどではないのでなあなあにしています。

二度と繰り返さないために

一度お尻の周りを腫らすと、クセになりやすいようです。一度では痔ろうに発展しなくても、肛門周囲膿瘍→排膿を何度も繰り返すうちに、痔ろうになっていくという話もあります。今では膿瘍を二度と繰り返さないように、なるべく気を使って生活しています。肛門周囲膿瘍を経験した人が痔ろうにならないためにはどうすればいいかというお話を、また別の記事に書いています。

肛門周囲膿瘍を経験したら必ず痔ろうになるのか 対策してみる
肛門付近に腫れができ、膿がたまって最終的には破裂するという恐ろしい「肛門周囲膿瘍」。一度これができ破裂すると、そこから痔ろうになる確率が高いとのことですが、本当に痔ろうになるのをただ待つことしかできないのか。実際に経験した僕が、せめ...
痔ろうの大先輩 ダウンタウン浜田雅功に学ぶ痔との付き合い方
今までテレビなどで何度も自身の痔ろうについて言及している浜ちゃん。痔ろうと言えば彼と言うくらい、世の中で痔ろうを患ったことのある人間の中でおそらく一、二を争う有名人ではないでしょうか。そんな浜ちゃんの長い長い痔ろう歴から痔のこと、対策、...
実は多い!?痔のラスボス「痔ろう」になった有名人・芸能人たちの経験談
一般的に知られているイボ痔や切れ痔とは違って、「壮絶な痛み」「手術しないと治らない」など怖い言葉もよく聞く「痔ろう」。 いざ自分がなると、痔ろうがどういう病気か知っていくうちにショックを受けてしまうかも知れません。でも、実は仲...
痔ろうの病院選びはここを見よう!失敗しない専門医の探し方
自然治癒はせず、根治のためには手術が必要と言われている痔ろう。なってしまっても放置している方もいると聞きます。が、治すためにはいつか病院へ行かなければならない。そんなときに、痔ろうで受診する際に良い病院の選び方を考えてみます。 病...
お尻の時限爆弾 赤ちゃん時代の乳児痔ろうが再発?大人になって再び痔ろうになった話
大人がなるというイメージがある厄介な痔である「痔ろう」。実は、赤ちゃんもなるんです。乳児痔ろうといって、大人とは性質が少し違いますが、肛門に膿がたまり、排膿し痔ろう化という流れは大人と変わりません。 僕は、20代で痔ろうを経験...

コメント